歯科・歯科口腔外科・インプラントの松本歯科医院(広島県福山市)

松本歯科医院

ご予約・お問い合わせ 084-981-2505

虫歯治療

虫歯治療
 

削らない歯科治療

当医院では「虫歯が見つかりましたがこのまま様子を見させてください」ということがあります。それは決して治療をサボっているのではありません。不安な気持ちになられるかもしれませんが、そのほうが歯を守るためにはメリットがあるのです。どんな小さな虫歯でも虫歯を治療するためにはある程度健全な歯も削らなければなりません。

一度削った歯は二度と取り戻すことができません。また、削ったところは健全な歯の部分より再発リスクが高くなります。再び虫歯になるとさらに大きく削ることになり、健全な歯がなくなっていくのです。したがって虫歯がそのまま大きくならなければ削らないで様子をみた方が得策ということになるのです。
 
では虫歯をそのまま放置しておいていいのかと言うとそうではありません。
① 比較的小さい虫歯で、
② キレイに歯磨きができ、
③ 甘いものの取りすぎに注意して、
④ 定期的にクリーニングやフッ素塗布などの処置を行うと、

多くの場合虫歯はあまり大きくなりません。何年も大きさが変わらない虫歯も少なくないのです。しかしもし大きくなってくるようでしたら早急に治療する必要がありますので定期検診は必ずお受けください。
 
ほとんどの場合、虫歯がどの程度進んでいるのかは自覚症状では判断できません。歯がしみるようになると虫歯が神経にまで及んでいる可能性があります。そうなるともはや手遅れで、神経まで取る処置をしなければなりません。無症状で虫歯は進行しますから自己判断は大変危険です。

歯の根の治療(根管治療)

残念ながら虫歯が進行して歯の神経にまで及んでしまった場合には虫歯を取り除くだけでなく神経を取る処置も行わなくてはなりません。そのまま放置すると細菌が歯の根っこの先から顎の骨にまで侵入して大変なことになってしまいます。そうなる前に早急に治療を受けてください。
歯の神経が通っていた管を綺麗にして薬を詰める治療を「根管治療」と言います。神経を抜いた後の歯を長持ちさせるためにとても大切な治療です。しかし、神経の通っている管は細く、曲がっているため目視できません。しかも人によって管の数や位置や形も異なります。虫歯の治療の延長ぐらいに簡単に考えておられる方も少なくないのですが、実は非常に難しい治療です。きちんと治療するためには何回も通っていただく必要があります。大学病院でも100%の成功率ではないのが現状なのです。成功率を上げるために当医院ではマイクロスコープを用いて治療をしていますが、何と言っても歯を守るためには神経を取る処置に至らないようにすることが大切です。そのためにも定期検診で虫歯の早期発見早期治療を受けられることをお勧めします。
歯の根の治療を中断したりすると細菌が繁殖して膿がたまったり痛みが出たりします。そうなると通院回数も増え治療費もかかります。ことによっては歯を抜かなくてはならなくなるかもしれません。そうならないように、痛みや違和感がとれても、最後までしっかり治療を受けてください。

治療した歯も再び虫歯になります

一度治療した歯は虫歯にならないだろうと思われる方は少なくありません。しかし、詰め物や被せ物などの人工物と自分の歯の間には境目があります。その隙間にプラーク(歯垢)が溜まると再び虫歯になってしまうのです。
治療した歯が再び虫歯にならないようにするためには、歯科医院での定期的なチェック・歯のクリーニング・正しい方法でのブラッシングを継続する必要があります。治療後もメインテナンスを欠かさないようにしましょう。