歯科・歯科口腔外科・インプラントの松本歯科医院(広島県福山市)

松本歯科医院

ご予約・お問い合わせ 084-981-2505

歯周病治療

歯周病とは

歯周病(歯槽膿漏)は歯を支える骨(歯槽骨)を溶かす病気で、成人の約8割がかかっているとされています。初期の歯周病はほとんど自覚症状はありません。進行すると、歯茎から血が出る、歯茎が腫れる、食べ物が詰まりやすくなる、歯がグラグラする、口臭がするなどの症状があらわれます。歯周病は無症状で進行することが多く、気づいた時にはかなり進行してしまっていることもあります。重度の歯周病になると歯が自然に抜けたり、抜歯せざるを得なくなる場合もあり、40歳以降に歯を失う大きな原因のひとつになっています。
 
歯周病について
 

歯周病のセルフチェック

次のような症状がある方は進行した歯周病の可能性があります。
 
歯茎から血が出る
口臭がある
口が粘る
歯茎から血が出る
歯茎が腫れる
歯がグラグラする
歯の隙間が広がった
歯茎が下がる

 
歯周病は予防と早期発見早期治療が大切です。歯周病は気がつかないうちに進行します。年齢が若くても歯周病にかかる人もおられます。その場合悪性度の高い侵襲性歯周病(若年性歯周病)である可能性があります。たとえ年齢が若くて症状がなくても安心することなく定期検診を受けられることをお勧めします。

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病はお口の中だけの問題ではなく、全身の健康に影響を及ぼしていることが明らかになってきました。これは歯周病の原因の炎症物質が血管から血液中に入り、全身に拡散されるためです。明らかになっているものとしては、心臓病、動脈硬化、呼吸器疾患、糖尿病、早期低体重児出産などがあります。
 
① 糖尿病と歯周病
歯周病は糖尿病の6番目の合併症と言われています。糖尿病が進行すると歯茎の毛細血管の血流が悪くなり歯周病が悪化します。一方、歯周病はその歯周病菌への免疫反応からインシュリンの働きを妨げてしまいます。そのことによって、糖尿病がより進行してしまうことがわかってきました。すなわち糖尿病と歯周病は相互に影響を及ぼしあい、いわゆる悪循環に陥ってしまうのです。しかし、歯周病をきちんと治療することによって糖尿病も改善されます。また、血糖値を改善させることは歯周病の改善にもなります。
 
② 心臓病や脳卒中と歯周病
歯周病が進行すると歯周病菌や歯周病の炎症性物質がが血液中に入りやすくなります。それらは動脈硬化を促進し、脳卒中や狭心症、心筋梗塞に影響を及ぼします。動脈硬化を起こしている血管から歯周病菌がみつかったり、歯周病の人は歯周病でない人に比べて心筋梗塞になりやすいという報告もあります。歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすいと言われています。血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療は大切です。
 
③ 早産や低体重児出産と歯周病
妊婦が歯周病にかかっていると早産や低体重児出産の危険性が高くなることが明らかになっています。歯周病の炎症によって生じる炎症性物質が血液中に増えることにより、お産が早まると考えられています。また、歯周病菌が血液を介して羊水内に入り胎児の成長に悪影響を及ぼすとも言われています。その危険率は7倍にものぼるとされ、喫煙や飲酒よりもはるかに高い数字です。ご自分のためだけでなく生まれてくる赤ちゃんのためにも歯周病の予防や治療をしましょう。
 
④ 気管支炎や肺炎と歯周病
歯周病菌は、肺炎の原因菌と一緒に気管支を通り、肺へ感染して炎症を引き起こします。歯周病菌は呼吸器に炎症を起こす菌が気管支や肺へ住みつくのを助ける役割をしていることがわかりました。また、歯周病による炎症性物質も肺炎を悪化させると言われています。
誤嚥性肺炎とは、食べ物や異物を誤って期間や肺に飲み込んでしまうことによって起こる肺炎です。特にの血管障害のある高齢者に多く見られ、最も高い死因のひとつに挙げられています。誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは、歯周病菌であるとされており、誤嚥性肺炎の予防には歯周病のコントロールが欠かせません。
 
⑤ 骨粗鬆症と歯周病
更年期を迎えた女性は、女性ホルモンが減ることによって骨密度が減少し、骨粗鬆症になりやすくなります。歯を支えている骨も弱くなり、歯周病にかかりやすく、広がりやすくなります。閉経後の女性は日頃から歯周病の予防や治療をお受けになられることをおすすめします。
また、骨粗鬆症のお薬を服用しておられる方が抜歯などの外科処置をした場合に、周囲の骨が壊死するというトラブルが報告されています。治前の際にはお薬手帳を見せるなど服用されているお薬の情報を必ず提供してください。
 
⑥ メタボリックシンドロームと歯周病
近年、歯周病とメタボリックシンドロームの関連性が注目されるようになってきました。まだ詳しいメカニズムは明らかにされていませんが、歯周病の病巣から放出される歯周病菌由来の毒素や炎症性物質は脂肪組織や肝臓のインシュリン抵抗性を増加させ、血糖値を上昇させます。そのことによって、内臓脂肪が蓄積しやすい状態になると考えられています。
また、メタボリックシンドロームの方は脳卒中や心筋梗塞の危険性が高くなりますが、これに加えて重度歯周病の方は、動脈硬化や心筋梗塞のリスクがさらに亢進しますので注意が必要です。さらに、歯周病は老化を促進するという論文もあります。

女性と歯周病

男性より女性の方が歯周病になりやすいといわれています。これは女性ホルモンが関係しています。お口の中には女性ホルモンを好む歯周病の原因菌がいて、女性ホルモンの分泌量が増えるとその細菌が増殖するのです。さらに、女性ホルモンによって、歯茎に炎症が起こりやすくなることもあり、歯周病にかかりやすくなるのです。事実、女性ホルモンの変動を受けやすい月経の前後に、歯茎がムズムズしたり、腫れたりとの経験がある方も少なくないでしょう。

前述したように、妊娠中に歯周病になると、早産で低体重児が生まれるリスクは7倍に上がるというデータがあります。また、産後も育児に手がかかり、自分の歯磨きがおろそかになり、歯周病になってしまうケースもあります。日頃から、歯磨きなどのホームケアを適切に行い、症状がなくとも定期的に歯周病のチェックをされることをお勧めします。

更年期を迎えると、女性ホルモンが減ることから骨密度が低くなりがちです。これに伴って歯を支えている顎の骨も弱くなります。歯茎が痩せてしまったり、口が乾きやすくなったりすることも歯周病の原因になりますので注意が必要です。

全身の健康に歯科ができること

このように歯周病が全身に多くの影響を与えることは明らかになってきました。まさにお口は全身の入り口であり、お口の健康は全身の健康につながっています。私たちは「歯とお口の健康を守る」ことをコンセプトに、皆様が豊かな生活を送られるよう健康づくりのお手伝いをしたいと考えています。